FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンプ松本に竹刀で叩かれて、ふらふらしてる所をブル中野にドロップキックされる夢を見て、びっくりして目を覚まし、忘れ物をしないように気を配りながら帰国の準備を終わらせて、レセプションに鍵を返しに行きました。

「じゃあ 元気で! 日本も医療用大麻が合法化されるといいよな!!」

オーナーと別れのあいさつを交わして、空港へむかいます。

駅のホームで空港行きの電車を待っているときに、大きいスーツケース + おみやげが入ってそうな袋を持ったヨーロッパの女性がマリオがスターを取ったような速さでホームに駆け込んできました。 電車が来るのはまだ15分ほど先なのですが、何度も時計を見たり、手に持ってる紙を見たり、Boot Camp Click のメンバーのような険しい表情をくずさなかったので、「寝坊して、飛行機ギリギリなんかな…」 と思ってみていました。

しばらくして、空港に行く電車が到着。 大漁のおみやげがつぶれないようにリュックに気をつかいつつ、 世界の車窓から を楽しんでいると、さっきの飛行機ギリギリ女子に話しかけられました。

「この電車、空港に行くわよね?」

「Maybe Yes 」

空港行き と地球の歩き方に書いていた番号の電車だったし、これで平気だとは思いましたが、もし違ってたらあれなんで、「たぶん」 と言いました。 が、 その子にしたら 「完全に行くぜ!」 という安心できる答えを待ってたんでしょうね。 聞くやつ間違えた 感じで隣の隣の隣ぐらいの学者みたいな人にもう一回聞いてました。 悪いことしたかな…  これが京浜急行だったら、1000回ぐらい乗ったことがあるんで、「行くぜ! あと6両目から降りたら、目の前改札だぜ!!」 みたいに力になれたんですがね… 申し訳ない。

そんなことを考えているうちに、電車は空港に着き、扉が開くと同時にロケットスタートしてみるみる遠ざかっていくカールルイスの背中をトボトボ追いかけながら、空港の中に入っていき、何か持っている訳がないのにいくつかお約束の検査を受けて、それを突破して、飛行機に乗ってダービッツのアニメを観ながら日本に帰りました。



スポンサーサイト

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ホテルレイクサイド, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。