朝から夕方までの瞑想の後に、夜は講話の時間があったのですが、内容が共感できることばかりだったので、毎日楽しみにしていました。 「悲しみや怒りの種を蒔いても、笑顔の花は咲かない。」 「心に縛り目を作らない努力をしましょう。」 「あなたが抱いている怒りの炎のおすそわけ、私にはけっこうです。」  講話の中でゴエンカ師が、「ヴィパッサナー瞑想は心の手術です。」と言っていましたが、私は、「おお そうだ。」 とあいづちを打ちたい気持ちで聞き入っていました。 声を出してもいいルールだったら、出していた。

それから食事もおいしいと聞いていたのですが、評判通りでおいしかったです。 玄米、梅干し、味噌… おかずもどれもさっぱりしていて上品な味でした。 人里離れた山奥で、毎日瞑想して、お坊さんの隣で食べるおもいっきり健康的な食事。 もしかしたら雰囲気もあったかもしれないですかね…… いや、本当においしかった。 ごちそうさまでした。

そんな感じでしーーーんとした時間が思っていたよりも早いスピードで過ぎていき、11日目に聖なる沈黙が解けて参加していた人たちと談笑し、最終日にお世話になったセンターを掃除して、寄付をさせてもらって帰りました。


アニッチャ アニッチャ アニッチャ   (全ては移り変わっていく。)


合宿に参加させてもらった感想ですが、すてきな講話のおかげで心がきれいになった気がしてます。 苦戦していた瞑想の方も、「渇望を無くして、髪を洗わず、ひげを剃らず、洗濯もしなかったらいいかもな。」 と実践していたら、6日目に、「足が痛~い」 と感じている自分を平静な心で見ているもうひとりの自分の存在に気付いて、その日一日はまったく動かないでいることができました。そして、瞑想終わりの休憩で外の空気を吸うたびに、「山ありがとう! 風ありがとう! 鳥ありがとう!」 みたいな幸せな気持ちになれ、うれしかったです。 (そのことに満足して、髪洗って、ひげ剃って、洗濯して、さっぱりしたら、帰るモードになってしまい、あとはいまいちでした。)  でも繰り返しになりますけど、本当に心は浄化されていっているのか、あの合宿から今でもずっと気分がいいです。 渇望(執着)と嫌悪を無くす努力を続けると人間の心は平静になっていくようにできているんですかね。 どうなのかな? これからも続けていきます。 ああ ヴィパッサナー瞑想に参加させてもらえてよかった。ありがとう。


ヴィパッサナー瞑想は心の手術。 手術は成功した。 気がする。  

DSC01810_20150409152125d80.jpg
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ホテルレイクサイド, All rights reserved.