先日、ホテルに隣接するオーナーのマヘシュ・バタライ邸の庭に、立派なハチの巣があるのを見つけました。

蜂Ⅰ

スタッフと「アメリカから帰ってきたら、びっくりするぞ」とゲラゲラ笑っていましたが(マヘシュ氏は今アメリカに出張中)、その日の夜、マヘシュ邸を預かってるガードマンがハチの巣を壊したため、明かりを求めた蜂たちがホテルレイクサイドの敷地内に全員でやってきました。

蜂Ⅱ
レストランも危ないので閉めました。

被害Ⅰ
刺されたカーロ・トピーさん

被害Ⅱ
「メノシタイカレマシタ」

友達のラストキ&ビジェイのやってる宝石屋が敷地内にあるので「気をつけろー!」と言いに行ったら、


一目散
もう帰ってました。(早い段階で気付いて帰ってた)

明かりを一ヶ所だけ点けて、「ハチジェット」でしとめようと思いましたが、ハチジェットがあるのは自分が日本で働いてた植木屋の倉庫だということに気がついて、あきらめて寝ました。

ハチジェット

次の日の朝、どうなったか見に行ったら、蜂はまたマヘシュ邸の庭にある他の木にリハウスしていました。  もし次来たら、エアハチジェットでしとめます。 





スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ホテルレイクサイド, All rights reserved.