まだまだカトマンドゥに居ます.このエントリーが載る頃にはポカラに行けていると良いのですが,ちょっと望み薄.異国の地での仕事ってのは苦労が絶えない.
そういった苦労話でよく聞くのが,価値観の違いや,食べ物での苦労.私はもともとあまり物事にこだわらないので,価値観の違いとかでは今の所苦労をした覚えはないのですが,先日,食べ物でがっつりやられました.

※がっつりやられただけあって,品が無いと感じられる表現があるかもしれません.その旨ご了承いただいた上で,自己責任で読み進めるかどうかをご判断下さい.

ネパールのお料理事情は,私の感覚では,まず,ダルバート・タルカリっていう,定食と言うか,お決まりのセット料理のスタイルがまず中心にあって,その周りに,チベット料理だとか,ネパールの各民族の料理が位置.さらにその周りを外国料理が取り巻いている感覚です.ネパール料理を食わせろと言うと,大概出てくるのがダルバート・タルカリ.
このダルバート・タルカリなる料理がどのようなものかと言いますと,ダル(ダール)と呼ばれる濃厚な豆のスープに,バートがご飯.それに,タルカリというおかずがつくスタイルです.アチャールと呼ばれる漬物がつく場合もあります.
タルカリのカリってのは多分いわゆるカリー,つまりカレーで,色んな具材にスパイスを加えつつ煮た料理です.だいぶ素朴なインドのカレー,ってのが近いかもしれません.
私が今まで食べたタルカリは,ジャガイモなどの野菜と団子状にした湯葉を色々スパイスを加えて煮たものや,カリフラワーやトマトなどの野菜を,同じくスパイシーに煮たものなどなど.お料理事情の中心にあるだけあって,家庭の味レベルで色々なバラエティがあるようです.美味しいですよ.ダルバート・タルカリ.

家庭の味で思い出しましたが,ネパールの人は,食事を外食で済ませる事が少ないようです.あまりサンプルはないのですが,昼は仕事してるので外で済ませるにせよ,朝と夕は出来る限り家で食べるみたいです.
で,私は以前にも書きましたが,ホテル住まい(ポカラ),仕事関係の人のお宅に厄介になる(カトマンドゥ)という暮らしぶりで,現在の所,1:4くらいの割合で仕事関係の人のお宅に厄介になっています.ホテルでは2食付き,厄介になっているお宅では3食全部面倒みてもらっています.
それを踏まえて,私の経験として,特定の場所(主に2箇所)で料理を食べた経験がほとんど,というのをご理解いただいた上で読んでいただきたいのですが,ネパール料理ってものすごくニンニクとタマネギを使うんですね.あと,ものすごい量の米飯が一回の食事についてくる.

ニンニクとタマネギってのは,なんていうんですかね,刺激の強い具材なので,淡白な日本料理に慣れた私の胃にボディーブローのように効いてくるんですよ.しかも,米を食え米を食えとすごい言われる.正直,「ニンニクはすごい良いよ.癌だって治る」って言いながらおかわりを勧められた時には軽く殺意を覚えましたりしてましたからね.恩知らずで申し訳ないんですけど.
最初は,ホテルはともかく,お世話になってるんだし,って厄介になってるお宅では勧められるままに食べてたんですけど,流石にしんどくなってしまって,最近では,お腹いっぱいですって言って自分にあった量を食べるようになりました.
一時期は,胸焼けやら胃のムカつきやらを紛らす為に,1日2リットルくらい水飲むようになってましたからね.外国に行っても食べ物で不自由しないってのを軽く誇っていた自分にとって,なかなかショッキングなことでありました.美味しいだけにやるせない.

こうなってくると,皆さん,私が食べ物にがっつりやられたって言うのは,これぞNOと言えない日本人だと見せつけんばかりの生き様だった,カトマンドゥでだろうと思われるかもしれませんが,意外や意外,ポカラでやられました.胸焼けとかかわいいもんだった.

その日は,ネパールの休日である土曜日で,さらに珍しくなんの予定もありませんでした.私は喜んじゃいましてね.ホテルの近所にある,日本語の本(古本)を扱っている書店に行って,文庫本なんか買ってですね,カフェに行って,優雅に自由な時間を楽しんだりしてたもんでした.
今思えば,夕食の後に,胃にややムカつきがあったんですけど,そんなのもう日常でしたからね.慣れたものよと気にしてませんでした.
そんな優雅かつ豪快な休日が,夜半頃に一転.突然胃が収縮して,トイレに駆け込んだ後は,もう,上に下にと大騒ぎ.一人もらいゲロの連鎖.一番ひどかった時間帯は,本当に息も絶え絶えで,全裸でトイレで女の子座りしてましたからね.「上も大水,下も大水これな~んだ」って焦点の合わない目でトイレの壁に向かって呟いてたもの.これが一晩中続きました.

ベッドに戻っては地球の歩き方の健康管理のページを読んで,そうこうしているとまたビッグウェーブがやってきてトイレに駆け込む,というサイクルを何回繰り返したでしょう.ほとんど眠れずに翌朝を迎える頃には,なんとか小康状態に.
地球の歩き方にある記述を頼りに,上に下にの大洪水を自分で分析した結果,どうやらウイルス性の悪質なものではなさそう,との結論に至ります.こうなってくると体力勝負ですので,ホテルのレセプションにふらふら歩いていってですね,マネージャーの兄ちゃんに,こう言う場合はどうすれば良いのか聞きました.10:30頃にやって来た元アル中のおっさんにも聞きました.
まず二人に言われたのが,「病院に行くか」,ということ.まぁ当然ですが.宿泊客が,もしくは最近外国からやって来た仕事相手が,やつれきって「昨日は一晩中上に下にの大運動会だった」とか言って来たら,エロいことを想像しない限り普通そう言います.
私もこう言う場合は,さっさと病院に行って原因を明らかにして,適切な処置を施すってのが最善策ってのは流石に分かってたんですが,小康状態だったってのと,心の友である地球の歩き方でなんとなく自分の症状を把握していた事があったので,病院に行く気はあまりなかったんです.
なにより,ネパールに来て10日目くらいから4日間程,鼻水も咳もなにもないのに,ひどい頭痛と悪寒,関節痛に悩まされた事があって,高山病じゃねぇかなどと怯えたことがあったんです,カトマンドゥって標高1600mだし,かかってもおかしくない!って.
その時,小康状態で医者に見てもらったら,「ホームシックです」って言われた経験がありまして.その後血液検査や尿検査をしたらしっかり病気で,とても悔しい思いをしたんです.しっかり病気だったのに,今だにカトマンドゥでお世話になってる家のおじいさんには,「奥さんが恋しくて毎晩夢に見てるんだろう」とか言われますからね.その度に目つぶしくらいしてやりたい衝動に駆られますからね.今日も言われた.
この経験から,下手に医者にかかってまたホームシックとか言われたら,なんだこのジャップホームシックかよ,とか見くびられてなめられる!って思っちゃいましてね.病院に行くのを断固拒否(皆さんにはこういうことしないで病院に行く事をお勧めします).
病院に行くかとしきりに聞いて来るお二方に,熱もないし,ただの食あたりだと思うとやつれた顔で無理に爽やかな表情を作って伝えると,「そういう時にはこれが一番だ」と異口同音に推奨されたのが,

IMG_0163.jpg



経口補水塩,"NAVA JEEVAN".日本語で「新しい日々」.

<最初に料理の話とかして長くなりすぎたのでつづく>
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ホテルレイクサイド, All rights reserved.