ホテルレイクサイドのマネージャー チトラさんがお兄さんと一緒に来月、レストランを開くということで見にいってきました。

DSC04660.jpg

場所はレイクサイドのメインストリートからバラヒホテルに行く途中にあります。

DSC04777.jpg

DSC04780.jpg

DSC04781.jpg

DSC04783.jpg
レストランの入口からは日本山妙法寺の仏舎利塔が見えました。


チトラさんにレストランの場所をここにした理由をたずねると、「ここからだとポカラサンサーラロッジが完成したら見えます。 そうなったら、お互い毎日がんばれそうですよね。」 とうれしいことを言ってくれました。

チトラさんだけではなくて、道を歩いている時にちょくちょくホテルレイクサイドで一緒に働いていたスタッフに会うのですが、「ロッジはいつできますか?」 「できたらまた働かせてほしいです。」とみんなポカラプロジェクトのことを気にかけてくれているようです。

昨年の12月にホテルとレストランを閉めるときには、気持ちの行きちがいからスタッフともめたりもしましたがそれでも今、また日本人と一緒に働きたいと言ってくれているスタッフが何人もいる。ホテルレイクサイドとレイクサイドカフェは売り上げ的には失敗かもしれませんが、ポカラサンサーラのネパールでのこの3年間は意味のあるものだった。そう言えるのではないかと思います。 

ポカラサンサーラロッジの建設を目指して、最後までがんばっていきたいです。





スポンサーサイト

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


DSC04678.jpg

DSC04679.jpg

DSC04680.jpg

DSC04681.jpg

DSC04682.jpg

DSC04683.jpg





テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


ベグナスリゾートは全部で34部屋ありました。

DSC04738.jpg
上品な外観、

DSC04733.jpg
室内はさらに上品でした。

DSC04741.jpg
こちらの建物は家族で滞在するのに適した間取りで、

DSC04742.jpg

DSC04745.jpg
二部屋あります。


ベグナスリゾートには客室の他にも、

DSC04749_20100814015732.jpg
プールや、

DSC04740.jpg
ヨガができる広場もありました。 さらに、

DSC04755.jpg
地鶏の飼育、

DSC04758.jpg
魚の養殖にも力を入れているということです。 すごい。

DSC04762.jpg
「ベグナスリゾート」、もう一度行きたくなる魅力あふれるホテルでした。









テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


ポカラのスンダリダンダにある有名ホテル、「ベグナスリゾート」を見学させてもらいました。

DSC04717.jpg

ベグナス湖をボートで30分程進むと見えてきます。(車でも行けます。)

DSC04721.jpg
ベグナス湖が一望できます。 絶景です。

DSC04723.jpg
上品な雰囲気のレストラン、

DSC04724.jpg
隣りの部屋にはバーカウンターもあり、

DSC04725.jpg
すぐ後ろには、こんなすてきな暖炉もありました。

DSC04726.jpg
テーブルもイスも高級感があふれています。


ホテルの部屋も見せていただきました。








テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


お世話になっている山岸さんとクリシュナさんが経営する、「空ゲストハウス」にNILOのアニマルポーチを置かせていただくことになりました。

DSC04871.jpg

DSC04873.jpg

ポカラへお越しの際にはぜひ、きれいな客室、おいしいレストランで有名な空ゲストハウスへ!! そしてネパールのおみやげにNILOのアニマルポーチはいかがでしょうか? よろしくお願いします。


空ゲストハウス  http://sky.geocities.jp/pokharasora/

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


ポカラサンサーラがたいへんお世話になっている日本山妙法寺のお役に少しでも立ちたいと、再び妙法寺に行ってきました。

DSC04437_20100806015218.jpg

今回も1体 50㎏のネパールセメントを運ぶつもりで作業服を着ていきましたが、今日は酒井上人から法要の時に飾り付けで使う花の準備をお願いされたので、半日、作業服姿で緑と黄色の半紙を十枚重ねたものを折って針金を付ける作業をさせていただきました。 不器用なので、全然きれいに折れませんでしたが、がんばりました。 ごめんなさい。 酒井上人、お昼ごはんのダルバートすごくおいしかったです。 ごちそうさまでした。 また寄らせてもらいます。


テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


ボォラ バンの様子を寺に見に行ってきました。

DSC04831.jpg

DSC04833.jpg

DSC04834.jpg

DSC04837.jpg

DSC04864.jpg

DSC04841.jpg

DSC04861.jpg

DSC04859.jpg

DSC04863.jpg

DSC04829.jpg
「ボォラ バン! ボォラ バン! ボォラ バン! ボォラ バン!」








テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


DSC04574.jpg

DSC04574.jpg

DSC04574.jpg

DSC04536.jpg

DSC04574.jpg

DSC04574.jpg

DSC04574.jpg

DSC04574.jpg

DSC04542.jpg

DSC04574.jpg

パスカルさん、お忙しいところ、時間を作ってリップ作りを見せていただきありがとうございました。








テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


DSC04532.jpg

DSC04574.jpg

DSC04533.jpg

DSC04534.jpg

DSC04574.jpg






テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


お世話になっているパスカルさんに、蜜蝋リップを作っているところを見せていただきました。

DSC04528.jpg

DSC04526.jpg

DSC04527.jpg

DSC04531.jpg

DSC04574.jpg






テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


10月30日の法要にむけて、トイレ用のタンク作りが進められている日本山妙法寺に砂運びのお手伝いに行ってきました。

DSC04437_20100806015218.jpg

DSC04418_20100806015219.jpg

この門から左に10分ほど山を下ったところにある砂をドコ(竹かご)に入れて(たぶん35㎏)、強い日差しを浴びながら(たぶん38℃)、仏舎利塔の斜め前の地点(だいたい80m)まで運びました。 昼から夕方まで運んで、最後の方はけっこうきつかったのですが、10代、20代で蓄えておいた真体力(真の体力)と気合でなんとかケガなく終わることができました。 よかったです。

DSC01651.jpg
ドコに入れた砂はこんな感じで頭にバンドをはめて運びます。(首が折れそうになる)


酒井上人は明日が広島に原爆が投下された日なので、今日と明日断食をし、本堂で太鼓を叩かれるそうです。夕方、あいさつをして帰るときに「原爆で命を落とされた方の中には、水が飲みたいと川に入っていきそこで息絶えた方がたくさんいました。 明日は日本の方角(東)にコップ1杯の水をそなえて冥福を祈ってはどうですか。」という話をしていただきました。 やりたいと思います。

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


いつも水や洗濯石鹸を売っていただいている商店のオーナー ハリ・ビマリさんが、里帰りしていた村から10日ぶりにポカラへ戻ってきましたが、

DSC04856.jpg
また坊主になっていました。


ビマリさんはちょくちょく村へ帰っているのですが、なぜか帰るたびに坊主になって戻ってきます。 どういうことなんでしょうか。


・村が暑いから

・村にいいバリカンを持っている友達がいるから

・村に帰ったら坊主にする。 そう決めているから

・村に帰るバスの車中でずっとヒップホップが流れていた

・村に住んでいるロボットにすれ違いざまに刈られてしまう

・ヤクザの家の物干しざおの下でサンマを焼いていて、怒られ、「誠意を見せろ。」とすごまれた

・村に時を止められる友達がいて、そいつにイタズラされていつも坊主にされる

・「通ると坊主になる」という言い伝えのあるトンネルを抜けて、ポカラに帰ってくるため



この8つの中のどれかでしょう。 ロボットあたりあやしいです。


商店サウジ
前回、戻ってきた時のビマリさん
 



テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


絵画展覧会の打ち上げがマムズ・ガーデンで開かれるということで参加させてもらいました。

マムズ

DSC04854.jpg

食事おいしかったです。ごちそうさまでした。 長年、ネパールをサポートされている方々から、貴重なお話をきかせていただきました。 ありがとうございました。

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


ダムサイドにあるネパールツーリズムボードで、日本とネパールのこどもたちが描いた絵画の展覧会が開かれるということで、展示の準備を手伝わせていただきました。

DSC04846.jpg

DSC04849.jpg

こどもたちの絵はとても上手でした。 みんな平成生まれということだからなのか、自分たちがこどもだった頃とは何か違う感性を持っている気がしました。 どの絵もよかったです。

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


今月はヴィクラム暦ではサウンマヒナなので、明けて月曜日はボォラ バンです。 早朝のレイクサイドは、シヴァのイメージカラーであるオレンジ色の服に身を包んだヒンドゥー教徒のひとたちで埋め尽くされると思われます。

DSC04668.jpg

DSC04669.jpg
   「ボォラ バン

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報


ブログをよく頑張った(気合で、遅れていた5日間分を盛り返した)ということで、ゲストハウスのオーナーが部屋のペンキを塗りなおしてくれました。オーナー、塗ってくれた職人さん、ありがとうございました。

DSC04457.jpg

DSC04460.jpg

DSC04446.jpg

DSC04451.jpg

DSC04452.jpg

DSC04453.jpg

DSC04454.jpg

DSC04455.jpg

DSC04456.jpg

DSC04449.jpg

DSC04449.jpg


DSC04598.jpg











テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 ホテルレイクサイド, All rights reserved.